夏のオフィス服、清潔に着るには

汗ばむ時期に気になるのが、衣服の清潔さ。特に、ビジネスの場では、臭いや汚れは禁物。今回は、オフィス着を清潔に着るコツをお伝えします。

洗濯機で洗えるスーツ、上手な洗い方は?

洗濯機で洗えるスーツが増えていますが、ひと手間で汚れも落ちやすく長持ちします。

洗う際は、まず襟や袖口など汚れや臭いが気になる部分に、おしゃれ着用の中性洗剤の原液を塗ります。ジャケットはボタンを外したまま、サイズの合った洗濯ネットに入れます。スラックス・スカートは、ファスナーを閉め3~4つ折りにしそれぞれ別のネットに入れます。

ジャケットを干すときは、厚みのあるハンガーに掛け、袖口にタオルを入れて重し代わりにするとシワが出にくいです。ワイシャツは襟を立て、ボタンを開けると乾きやすくなります。

部屋干しで気になるのが、臭い。扇風機や衣類乾燥機などで下から衣服を当てると抑えられます。ちなみに筆者も衣類乾燥機を使用していますが、ムラなく乾き、部屋干し特有の臭いもありません。

スーツやワイシャツをクリーニングに出したときの注意点

スーツやワイシャツはやっぱりクリーニング、という方も多いでしょう。肝心なのは、洗濯後自宅に戻ってきたとき。クリーニング後に衣服を保護するビニール袋を被せたままにしておくと、通気性が悪くなり、蛍光灯の反射などで衣服が片面だけ焼ける可能性があります。すぐにビニール袋は外し、風通しの良い場所に置いておきましょう。

夏場に適したオフィス着とは?

夏場はどのようなオフィス着が向いているのでしょうか?

この時期は洗えるスーツを選ぶ人が全体の4割になるそうです(AOKI調べ)。スラックスは、センタープレスが取れにくい加工をしたもの、ジャケットは裏地に放熱性の高い素材を使い、暑くなりにくいものを選ぶのがおススメ。

夏のノーネクタイ・ノージャケットは浸透してきましたが、だらしなく見えるのはNG。ノーネクタイでもきれいに見える、ワイシャツやポロシャツを選びましょう。襟先にボタンが付いているボタンダウンや、襟が180度以上開くカッタウェイはクールビズの定番です。

白シャツは下着が透けないもの、青系のものは汗じみを防止しているものを選びましょう。半袖は、ワキが見えないよう袖口が細身のものは清潔感があります。

抑えてきたい、洗濯の基本

最後に、季節を問わず、抑えておきたい洗濯の基本をお伝えします。

1.早めに洗濯しよう

部屋干しを嫌がり洗濯物を溜め込む人もいますが、汚れは早めに落とすこと。衣類乾燥機がなければ、コインランドリーの乾燥機もフル活用して。

2.洗濯機は7割で回す

一度に多くの洗濯物を詰め込むと、汚れは落ちにくくなります。洗濯機容量の7割を目安に。筆者は、第二子出産後洗濯物が増え、臭いが気になるようになりました。一度に詰め込む量を減らしたところ、難なく解消された経験があります(今は朝と夜、洗濯しています)。

3.付いた泥は乾かしてから洗濯を

水たまりの泥ハネは、水洗いはNG。まず泥を乾かし、乾いたら土をはたき落としてから洗濯機に。泥を水洗いすると繊維の中に入り込み、落ちにくくなります。

清潔なオフィス着は、周囲の人にも好印象を与えられるかもしれません。お手入れも仕事の内ですね。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J