カーディガンのお手入れ一工夫

秋冬に大活躍するカーディガン。よく使うアイテムだから、長持ちするようにお手入れしたいものです。今回はそのお手入れ方法について紹介します。

汚れが目立つ箇所は下洗い

他の衣類同様、汚れが目立つ箇所は事前に下洗いすると、洗い直しの手間が省けます。

注意点はシャツなどに比べ羽毛立ちが起きやすいので、ゴシゴシとこすらないこと。中性洗剤を着けたら指の腹を使い優しくなじませて、40度程度のお湯ですすぎます。

洗濯機に入れる際のポイント

洗濯機で洗う際、もちろん洗濯ネットに入れます。カーディガンの特徴は前開きでボタンが付いていること。洗っているうちに広がり、同じニットのセーターと比べても型崩れが起きやすいのです。

型崩れを防ぐには、ボタンを留めて畳みジャストサイズのネットに入れます。対して、しっかり洗いたいときはボタンを外してネットに入れると、中で動いて汚れが落ちやすくなります。

干し方のポイント

おススメの干し方は、平干し。しかし場所がなくハンガーを使う場合は、2本使いで両袖を1本のハンガーに干して袖の重みを分散させます。こうすると袖の伸びを防げます。また、袖口をヘアゴムで縛って干すのも効果的。

逆に縮みが心配なのが、ボタン部分の縫い目。干す際にこの部分を確認し手で伸ばしておきます。

ハンガーを2本使う干し方

普段のお手入れは、ブラッシング

ニット類はよほどの汚れがない限り、着る度に洗濯はしないもの。使用後は、洋服用ブラシでのブラッシングを習慣付けましょう。

着用後にブラシを掛けることで、ホコリなどを払い落とすだけでなく、生地の表面が整い毛玉の発生を防ぐことができます。毛玉をハサミで切るのは地味に大変なので、これは良い方法です。

消臭スプレーも定番アイテムですが、使い過ぎると繊維が硬くなるそうです。注意して使いたいところです。

アイロン掛けで、ふんわりした仕上がりに

ニットもアイロンを掛けることはできます。押さえつけるようにプレスするのではなく、ニットに触れるか触れないかの少し浮かせた状態で、スチームをかけます。その後に、手のひらで軽くなでると繊維が整いふんわりした仕上がりに。

時間や気持ちに余裕があれば、カーディガンを脱いだ後ブラッシングにプラスしてアイロン掛けを。無理せず挑戦してみましょう。

お気に入りのカーディガンのお手入れにひと手間を加えて、寒い冬を暖かく快適に過ごしましょう。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J