トイレ掃除の基本。上から下がお約束

何気なくやっているトイレ掃除。掃除の手順を見直すだけで、より清潔さを保てます。

上から下、ほこりと飛沫の対処がポイント

トイレも他の部屋と同様、ほこりは上から下へ落ちるので、掃除は壁や天井から始めます。ほこりも放置すると、においの原因に。

トイレ独自の注意点は、飛沫。広範囲に広まるので、この汚れをどう落として、着けないかがポイントです。
以下で、具体的な掃除方法をお伝えします。

上から下、壁や天井から掃除スタート

まずは天井。ハンディモップなどで天井を拭きます。照明器具は軽く拭くだけで明るさが変わり、掃除の効果を実感しやすいもの。「トイレが暗い」のはそれだけで雰囲気が悪いですよね。

次に換気扇。フィルターを掃除すると換気効率が上がり、におい対策にもなります。

壁の掃除は、飛沫対策

壁の下部は、確実に飛沫があります。とはいえ、毎回全面を拭く必要はありません。便器の両脇までの高さを目安に拭き取りを。こまめに掃除したいところですが、使う度には難しいですね。一日1回入浴の前など、可能な範囲で実行したいです。なぜかというと、長期間放置するとにおいや黄ばみは落ちにくくなり、最悪壁紙の張替えることにも。

最近は消臭効果や抗菌機能がある壁材があります。100円ショップなどにもあるので、定期的に効果をすれば清潔さを保てます。

棚や壁の小物にも注意

棚の飾った置物や壁に掛けたカレンダー。これらにもほこりは積もり飛沫がついている可能性もあります。消臭剤はこれらにより効果が発揮できない場合も。定期的に拭いて清潔に。

人それぞれですが、筆者はトイレは長居する場所でないと思っているので、余計なものは置かずシンプルにしたい方です。

便器と床掃除で終了

ここでようやく便器です。タンク→便座→便器の中→便器の外と、ここも上から下の順で。使い捨てのトイレ用お掃除シートを使います。シンクやレバーは見落としがちですが、雑菌の温床なのでしっかり拭きましょう。便器はトイレブラシを使い、お掃除シートで便器の側面や下を拭きます。

最後は床です。トイレで出るほこりは衣類の繊維や皮脂や体毛、トイレットペーパーの紙屑など。掃除機やハンディモップが手軽ですが、トイレットペーパーでほこりを集め、そのままトイレに流してもOK.。

トイレ掃除といっても、こんなにあるのかと思うかもしれません。でも小さな空間なので、慣れれば短時間で済みます。

壁の下部(便器の両脇の高さ)と床を一日1回、便器は汚れが確認できたとき。その他は週1回など、ポイントを決めて、トイレを清潔に保ちましょう。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J