性能・技術

省エネルギー性

厳しい条件を基準に、高い断熱・気密性能を実現。
当社は標準で4地域の断熱性能最高等級をクリア

H25年省エネルギー基準の地域区分(国土交通省)

断熱性を示す外皮平均熱貫流 UA

外皮平均熱貫流率(UA値)とは、住宅内部から外部へ逃げる熱量(熱損失量)を、外皮面積の合計で除した値をいいます。
UA値が小さいほど省エネルギー性能が高いことを示し、当社は4地域のH28年省エネ基準相当より約11%低減しています。

基準0.75をクリア
UA値=0.67W/㎡K以下(アドバンス仕様)
UA値=0.60W/㎡K以下(プレミアム仕様)

※1 国土交通省改正省エネ基準より
※2 外皮平均熱貫流率(UA値)は当社モデルプランにおける計算値です
※お客様のご希望プランにより数値は異なります

気密性を示す隙間相当面積 C値

隙間相当面積(C値)とは、床面積1㎡あたり、どの程度の隙間(㎠)があるかで表されます。
その値が小さいほど隙間風が少なく、断熱効果が高いことを表します。
※お客様のプランにより数値は異なります

C値=0.8㎠/㎡

【気密測定】家中の開口部を全て閉じた状態で室内に圧力差(減圧法)を設け、どれだけ風量が流入したかを実測します。(有償)

パネルの合わせ目に断熱材を吹き付けています。

年間冷暖房費比較(富山市での計算値)

一般的な住宅の場合、夏には70%の熱エネルギーが外より侵入し、冬には80%の熱エネルギーが無駄に放出されていると言われています。
当社は高気密高断熱なフル断熱工法です。
年間の冷暖房費を一般的な家より約7万7千円も抑えることができます。
これは同時にCO2の排出量も38%削減していることになります。